Blue Moonのブログ

日々の出来事や思う事、などを綴って行くブログです。
また、長年の母の介護での、実際に起こった問題なども、綴って行きます。

ゲス夫!また返さない気かっ!

2016年の春に私は糖尿病のインスリンに切り替えるために「教育入院」をした。
14日間と決まってる。
かかりつけ医の糖尿病の専門医は「飲み薬で血糖値が下がらないから、入院して
少しの間、インスリンを打ってみた方が良い。血糖値が下がれば、また飲み薬に
変えるから。」と言われ、ゲス夫も「入院した方がイイ」と。


結局、入院はしたものの、14日間で血糖値も下がらず、入院先の担当医は、とにかく
一日の飲む限界の分量まで無視し、もっと量を増やされた。
もちろん、インスリン3本打っても、血糖値は下がらず、そのまま退院。


かかりつけ医も、入院先の担当医も「食事制限もし、薬の量も増やし、インスリンまで
打ってるのに、血糖値が下がらないのはなぜ?」と聞くも「みなさん、そういう感じですよ」と言うだけ。インスリンも限界までの打つ量なので、これ以上は増やせない(低血糖になる危険があるため)


これで、3医療の糖尿病の専門医にかかったが、薬だけがどんどん増え、血糖値がさがらない。どか食いするわけでもなく、お酒を飲むわけでもなく、甘党な訳でもないのに。
私の方が、なぜ?と聞きたい。


で、その入院した際のお金が、生命保険から帰ってきた。25万円。
それの行先は「ゲス夫」なのだ。
何かと思いきや「生活費に使った」と言う。
私の身体で戻ってきた生命保険の戻り金を、ゲス夫は「あてに」してたわけだ。
私は「私の名義で、私に戻ってくるはずのお金を、どうして生活費に回すんだよ!」
と叱ると、ゲス夫は「今は生活費が厳しいから、ボーナス出たら君に返すから」
と言ったのが、2016年。
2016年夏のボーナスになると「冬のボーナスで返す」と言い。
冬のボーナスになると「生活費が厳しいから、来年2017年に返すから」と言い。
2017年夏のボーナスになると「冬のボーナスで返すから」と言い。
冬のボーナスになると「会社の方針で、冬のビーナスは少なく、夏に多く出る事になったから、夏に返す」と言った。
2018年夏のボーナスも近くなって「夏のボーナスには。もう、返してもらうからね」
と言うと「いやいや、無理無理」だと!!!
無理ぢゃねーんだよっ!!!もう、3年経ってるのに、返さないってどーゆーこと??
もう、旨い事言って、返さないつもりだろ!!
で、生活費が苦しくなると「君の身体が心配だから」なんて、もっともらしい事を
言って、私を入院させて、また、生命保険の戻り金を「生活費」に回すつもりなんだろ!!


もう。いい加減にしてくれよ!!!
ただでさえ、家計を握られて、私の分だけ、毎月渡される生活費だけでは、毎月赤字。
家計のカードでも、私の物は一切買ってもダメ!!
となると、その入院費の戻り金を返してもらわないと、私だって、買い物をしたいんだよ!!


また、何かと言うと「このマンションを売らなきゃならなくなる」⇒「別居になる」⇒「俺は離婚前提に会社の近くに住む」⇒「それが嫌なら、不満を言うな」と言ってくるのだ。
いや、いや、大体、身分不相応なマンションを無理してゲス夫が勝手に決めて、住宅ローンも勝手に決めて、毎月の生活費が厳しくなったわけだから!!
私の実家まで引き払われ、私には帰る実家もなくなったんだよ。
ホント、この男には、むかつく。
生活費のために、平気で妻を売るヤツだ。


ジャンボの宝くじの一等でも当たったら、何も知らせずに、即離婚してるよ。
そうしたら、もう、私が自分で自分だけが住む、マンションを買って、家の中の物も
自分で決めて買える。
どうせ、持病から、海外で豪遊などできないし、宝石にもブランドにも興味ないし
孤独な独居な老後の資金に使う。
せめて、子犬や子猫ぐらいは飼うかな。
そうすれば、年齢的な事と、通院が必要で、働きたたくても働けない現実からも解放される。
思い切り、趣味な油絵も画けるし、糖尿病の食事も頼めるし、資格を取るために大人の塾にも通える。
充実した人生になるだろうな。
ゲス夫の食事の支度もしなくて済むし、毎日、献立に悩まなくても済む。
今まで両親の長い「介護」と「看病」からもやっと解放されたのだから。
出来なかった事を、やっと自分のために出来る。


そうなりたいよ。
でもね、神様とか運命とかって「不公平」だからね。
何を良い事をしていない人でも、運よい事が舞い込んで来るし、苦労しないしね。
お金に苦労していない人でも、お金が舞い込んでくるしね。
本当にお金に苦労してる人には、お金が舞い込んでこないしね。
苦労してこれからは苦労しなくて済む人生の人には、苦労ばかり来るしね。
悪い事をした人でも、幸せになれるしね。
そんな「不公平」なんだろうね。持って生まれた「運命」ってのは。


でも、人生を捨てたくはないね。
これから、私の幸せになる人生は。って思いながら。踏ん張って生きて行く。
だって、悔しいもの。このままじゃ。



そして「人格批判」まで

4月になりましたね。今月も宜しくお願いします♪


その里親募集のサイトで自分の日記に、譲渡主さんの里親への譲渡条件があまりに
厳しすぎて、驚いた事、他の里親希望の方々も、同じく思ってる事、経験談などが
書いてあるサイトがあり、それを読んで、里親になる事を断念しようかと思った事、
を書いたところ、譲渡主さんたちから、批判されるコメントを書かれた。


何も作り話でもなく、事実を書いただけで、自分の日記に、私が思った事、私が見て感じた事、疑問に思った事を書いただけなのに、集中的に批判されるコメントを書かれた。


本来なら、私の「日記」なので、ルール違反にならなければ、何を書いても良いはず。


「譲渡条件が厳しい」と書いたのではなく「厳し過ぎる」と書いたのだが。
だって里親への「源泉徴収票」「戸籍謄本」「住民票」「持家か登記簿」「保険証か住基ネット」などの提出。「譲渡して3年以内に譲渡したネコが死んだら、獣医師に死亡診断書を書いてもらい、譲渡主へ提出」と言う、譲渡条件なのだ。
まるで「家を住宅ローンで買うのか?」ぐらいの譲渡条件。
ありえない。
しかも、里親が譲渡されたネコや犬に「ペット保険をかけていて」獣医師から死亡診断書を書いてもらい、保険屋さんに提出するなら理解できる。
なのに、譲渡主へなぜ、死亡診断書を提出する意味があるのか?
ありえない。


ただでさえ
・完全室内飼育
・去勢赴任手術
・脱走防止対策
・終生愛情と責任を持って飼育
・ワクチン接種
・病気やけがの際は獣医に見せる
・妊婦や小さい子どものいる家庭はダメ
・完全禁煙飼育(受動喫煙は困る)
・賃貸やアパート住まいはダメ
・分譲マンションの場合は間取りを見せろ
・犬の場合戸建じゃないとダメ
・一週間に一度は譲渡主に里親は写真を撮って送れ
・経済的に余裕がない人はダメ
・55才以上の夫婦はダメ
・家を留守にする時間は5時間以内でないとダメ
・ネコや犬が病気になった際にはすぐに病院に行ける仕事でないとダメ
・近所に動物病院が2件無いとダメ
・高齢者の場合、近所に若い近親者が住んでいないとダメ
・保護者宅や団体で使用してたペット用品を里親宅でも継続して使え
・保護した猫や犬の検査代・ワクチン代・エサ代・ノミ取り代・去勢手術代
 疾患を見つけたらその手術代・通院治療代・譲渡の際自宅訪問の交通費・ガソリン代
 など、ネコなら一匹につき2万払え。犬なら一匹につき10万払え。
・その他、これからの活動費に4万円寄付しろ・物資を寄付しろ。
と、ここまで譲渡条件があるのに。
これだけだって、ありえないと思う。


野良猫で、これ以上「殺処分される可哀想な子を作らせないため」去勢して、また外に
放すと言うなら理解できなくもない。
だが「完全室内ネコ」で、ここまでやる必要があるのだろうか?


単純な疑問で「里親への譲渡条件はここまでハードルが高すぎるのに、譲渡主への
経済的な証明や、身分証明などは、なぜ、里親に見せないの?」と思う。
明らかに、里親より、譲渡主や保護主の方が、多頭飼いしてるのに、経済的に余裕が
なければ、飼えないでしょう。それを、里親に寄付金を募ったり、譲渡条件に払わせるのは、意味が違うと思う。


それを、素直に疑問に思ったので、自分の日記に書いたところ、誹謗中傷なコメント
ばかり書かれた。


しかも「5ちゃんねる」と言うところにまで、裏で私の日記を集団でいろいろ書かれていた。
「人格批判」「コミュ障」「人格的に無理」などなど、ありとあらゆる言葉で。
まるで「集団いじめ」の様。


私から見たら、一度も会ったことも、話した事もない人が、裏で人格批判をしたり
勝手に私の人格を作って悪口を言ったり、日記を毎日監視しては裏でいちいち
揚げ足とったり、そういう人達の方が「人格に難あり」だし「コミュ障」だとしか
思えない。


私は5ちゃんねる、への書き込み方も知らないし、対等に話しができない場所で
書かれるのは、卑怯だと思う。


どうやら、5ちゃんねるに書いてる人たちは、そうやって気に入らない人をやり玉に
あげては、サイトから「退会」させてるそうだ。


まぁ、基本、リアルな友人に言われたら、かなりショックだけど、ネットの世界だから
知りもしないくせに、人を批判できる信憑性もないし、資格もないと思ってる。
だから、ショックでもなく、第三者的に傍聴してる感じで見れる。


ただ、卑怯な人達だな、と思うだけ。あの手に書き込む人達は
「自分の事は棚にあげるくせに、人への批判ばかりする人の集団」なのだから。


見てると、5ちゃんるに書き込む人同士でも、お互いを罵り合いしてるし、誰かが
特定の人の事を書きこむと、すぐに、同調する書き込みを数名がする。
その人の悪口を書いてたかと思うと、また、特定の人の事を誰かが書き込むと、すぐに
その人の悪口を数名で書き込む。
「この人達には、自分と言うものがないの?」と思う。
年代的にいくつの人達かは分からないが、いい大人が、と思う。


たいたい「可哀想な捨てネコや、犬の里親になって下さい」と言う割には、譲渡条件が
厳しすぎては、完璧に譲渡条件をクリアしてる、里親など限られてくる。
里親になろうとしてくれてる人も、遠ざかってしまう。
「ペットショップで買わないで」「ブリーダーから買わないで」などと言ってる割には
譲渡条件が厳しすぎたら、面倒臭くて、ペットショップで買った方が楽となるだろう。


単純に考えても「室内飼いも、野良猫も去勢」すれば、いつか日本から子猫が居なくなる。そうすれば、逆に「ペットショップで売る子猫や子犬の値段が高騰し、儲かるのは
ペットショップとブリーダーさんと、獣医」となるよね。
どう考えても「犬や猫を飼いたい」と思う人がいなくなるとは思えないから。


それに、ペットを虐待した人を逮捕する事はできても、100%未然に防げることは出来ない。これは、人間同士の犯罪でも同じだと思う。世界的に見ても。




譲渡主と里親希望の温度差

私は今まで、保護子猫や子犬を偶然にも道端で出会い、そのまま育て、看取ってきた。
今回「里親募集」と言うのを利用したのは、生まれて初めてだった。
もちろん「譲渡会」と言うのに参加したのも、生まれてはじめて。
こんなにも、譲渡主が里親希望への「譲渡条件」「応募条件」が厳しい過ぎると思いもしなかった。


本来、里親を募集するのって「殺処分にさせたくないから、誰か引き取って飼ってくれませんか?」と言うのが、譲渡主さんの仕事なのではないかと思う。
里親希望の人が「ネコや犬を飼いたいから、こういう子を誰か探してくれませんか?」と
言うものではなく、そうした場合のみ、譲渡主さんが希望の子を見つけて保護した場合のみ、その子を保護した実費を里親に請求できるのだと思う。


私から言わせてもらえば「勝手に犬や猫を保護しておいて、その子ではなく、今まで保護し、里親がみつからない子の分までの、エサ代やワクチン代検査代や、病気の子の治療代・シート代・砂代まで、里親に請求するのは、意味が違うと思う。


よく譲渡主さんが「保護した子には、お金がかかり、持ち出しで自腹切るのは本当に大変なんです」と言う。
「だったら、経済的に自分で保護した子に、お金をかけれないなら、保護するの止めたら?」と言いたくなる。
そういう譲渡主さんが、自分で保護し、自腹を切っても、その保護した子たちを守ってあげたいと思うから、頑張ってます、でも、その代金は里親さんからは頂きません。
と言う譲渡主さんに、里親希望の人達が「自腹切っての保護は大変だろうから」と
エサやシートなどを寄付したり、多少の協力金を渡したり、するものなのだと思う。


ある里親募集のサイトで、譲渡主さんが応募条件に「譲渡してから、3年以内に
死亡した場合、獣医師から死亡診断書を書いてもらい、譲渡主に提出すること」
と言うのがあった。
里親が子猫を譲渡主から譲り受けて、里親がペット保険に加入し、もし、子猫が
死亡した時に、獣医から死亡診断書を貰い、ペット保険に提出するなら分かる。
でも、なぜ?譲渡主に里親に譲渡した子猫の死亡診断書がいるの??と思った。


酷い、譲渡主だと「譲渡条件・応募資格」に「本当に持家なのか、土地の登記簿を
譲渡主に見せろ」と書いてあるらしい。


私が見た「譲渡条件」「里親応募資格」には「持家、分譲マンションの場合、間取りを見せろ」「譲渡主が里親希望の家に行き、犬や猫が住みやすいように、必要な物をアドバイスするのでそれに従える方」と言うのがあった。
そこまでやる必要があるのか?と思った。


「譲渡主への厳しすぎる条件への不満」なサイトでの投稿には、ありとあらゆる経験談が書かれていた。
それを始めて読んでみて、私の考えと同じ事を思ってる里親希望の人達がこんなにいるのか。と思った。
「やはり、私が譲渡主さんの里親への譲渡条件や応募資格が厳しすぎると思っていたことは、間違いではなかったのだ」と思った。


その事を、里親募集サイトの日記に書いたのだ。
すると、引っ切り無しに、コメントが書かれてきた。
ほとんどが「譲渡主」からの私への心無い言葉、譲渡主へのフォローだけ。
「里親への譲渡条件が厳しいのは当然」と言う内容ばかり。


コメントへの返事を書く事に、疲れた私は「もう、里親を断念して、ペットショップかブリーダーから、子猫か子犬を買った方が、精神的に楽だ」と書いた。
すると、コメントは更に悪化。
挙句の果てには「たった数回譲渡を断られたくらいで、ペットショップだのと言うような人には、譲渡主さんも里親として渡さないかも」とか、
「もう、そういう話題には、コメントはつかないよ」とか
いろいろ批判を書かれてしまった。


自分の日記なのだから、自分の感じた事や考えを書いても良いはず。
別にコメントなど、期待していない。
逆に批判するより
「今回は、ご縁が無かったようだけど、次回また頑張ってね」とか
「まだ、大丈夫ですよ、諦めず頑張ろうね」とか
里親になる私をフォローするコメントなどひとつもなかった。